「不動産投資」で豊かな暮らしを手に入れたい方は、「ワンズハウス」「カシータ」の戸建て賃貸をお選びください。

なぜなら「投資家の方が求める条件を満たしている商品だから」です。

「戸建て賃貸住宅」ブランドとしての「ワンズハウス」、「カシータ」

賃貸住宅の市場は「アパート/マンション」が乱立し供給過多状態になっています。そのため、空室が目立ち「賃貸経営オーナー」は常に不安を感じています。

  • 家賃を下げても空室が埋まらない(空室は死活問題となっている)
  • 入居者の入居年数は平均3年程度、退去の都度経費が掛かる(空室リスクに怯える)

現代の「入居者の状況」は、

  • 経済状況の悪化などにより不安を持つ人が増えている。
  • 若い世代は「家を建てない」と選択をするケースが増えている。
  • 「所有する」よりも「利用する」という考え方が浸透してきている。
  • 賃貸、シェアリングに対して合理的だと思う人が増えている。

結果、持ち家がない方は賃貸に住みます。しかし、理想は「一戸建てに住みたい」と思っているのです。

  • 探しても無いので仕方なくアパートやマンションに住んでいる。
  • 生活音、子供の声や足音、楽器の音などの騒音トラブルを気にしている。

「賃貸オーナーの希望」は、

  • 入居率が高く収益が出る不動産運営をしたい。
  • 少ない投資で、入居者のニーズを満たし、安定的な家賃収益を得たい。
  • 入居年数を長くしたい。

「戸建て賃貸」は、アパートと比べるとスペックも段違いで、入居年数が長く、入居者の満足度が非常に高いのです。

さらに入居者に「住んでみたい」と思わせるデザインや性能、暮らしやすい間取りや導線を細部にわたって考え抜かれた商品が、「カシータ(casita)」ブランドです。
そして、顕在化するペットニーズに応えた商品が「ワンズハウス(one’s house)」ブランドです。

どちらにとっても利点が多く、WIN×WINの関係が築けるのが、戸建賃貸です。

条件1:利回りが高い

収益が出ないなら「投資」の意味はない!

(1)利回りについて

戸建・長期優良住宅、高いデザイン性という仕様で、通常よりも高い家賃設定が可能なのが「カシータ」。
ペット可/ペット共生という特別な仕様でペット飼育世帯の入居者を離さないのが「ワンズハウス」。
どちらも、高い利回りが見込め、表面利回り10%以上(土地所有の場合)も可能である。

(2)初期投資と回収について

不動産投資の最大のリスクは、初期投資の金額の大きさである。

「アパート建築」と「戸建賃貸」の場合、コストを比べると初期投資は戸建賃貸の方が圧倒的に安い。

  • 戸建賃貸物件は、安くて小さな土地に1棟から建てるので1000万円台から始められる。ワンズハウスに限っては、1棟650万円~始める事も可能。
  • アパートは広い土地と室数確保のため、1億円以上になるケースが多い。
  • 戸建賃貸物件は、初期投資の資金の早期回収が可能(10~12年程度での完済も可能)である。

条件2:リスクヘッジができている

投資にリスクはつきもの、そのリスクをいかに回避できるかが重要!

(1)入居率について

賃貸物件につきものな「空室」不安を持たなくて良いのが「戸建て賃貸」だ。

現在の「賃貸物件の割合」は【集合:戸建 = 94:6】、絶対的に戸建賃貸の比率は低いのに、「戸建に住みたい」方は多く(※国土交通省調べ:望ましい住宅形態は「戸建」と回答する人は69%)【需要 > 供給】の状態にある。

カシータは、ただでさえ少ない「戸建」である事と、新築・長期優良住宅という高スペック&癖のないシンプルなデザインと間取りで、入居者の評価はとても高い。
ワンズハウスはさらに「ペット可/ペット共生」という希少性がプラスされ、ペット飼育を望む単身層やカップル層に特に人気が高い。

  • これらの理由から、入居者が決まりやすく、尚かつ入居者が離れにくい
  • カシータは入居ターゲットが「ファミリー層」なので、集合住宅で不便を感じている「子育て世帯」には特に望まれる物件である。
  • ワンズハウスは住宅事情によりペットとの暮らしをあきらめていたり、不便を感じていた「ペット飼育世帯」に特に望まれる物件である。

(2)将来のリスクに対して(出口戦略)

何らかの事情で、まとまったお金が必要になったら…

  • 複数建てた戸建賃貸物件の1棟のみ売却、他の棟からはそのまま賃貸収入を得る。
    ※カシータは、デザイン性や長期優良住宅であることで不動産価値が高く、売価も高くなる可能性が高い。

何らかの事情で、賃貸経営を辞めたくなったら…

  • 土地を分筆して、1棟ごとに中古一戸建て物件として売却する。
  • 土地を分筆して、子供や孫に相続させる。
  • 土地を分筆して、購入したい入居者へ売却する。
  • 更地にして売却する。
  • 集合住宅では、分筆しての切り売りは不可能だが、戸建賃貸物件なら可能。
  • 売却や相続など、その時々のより良い選択肢を選ぶことで、リスク回避ができる。

条件3:生活水準を下げない&手残りの良さがあること

マイナスの土地をプラスにして老後の資金も!

(1)マイナスの土地をプラスに

一戸建てだから、建築が可能な土地の幅が広い。

  • 固定資産税を払うだけで利用価値を見出せなかった狭小地や変形地といったマイナスの財産をプラスに転換できる。
  • 更地のままだと、草刈りなどの管理が必要だが、建物を建てるとその手間はなくなる。
  • 入居ターゲット層である「子育て世帯」「ペット飼育世帯」は車持ちがほとんどのため、駅から多少遠くても入居の妨げにはならないため、立地条件を選ばない。

(2)管理メンテナンス費の安さ、手間の少なさ

  • カシータは、長期優良住宅であるためメンテナンスのしやすさがもともと配慮されている。
  • ワンズハウスは、ペット対応の床材や壁材を使うことで張替えなどのメンテナンスがしやすい。
  • 戸建であることから、集合住宅の様な大掛かりな修繕工事が不要である。
  • 入居者が持ち家感覚で住居の管理(掃除等)をしてくれるので、管理手間がほとんどない。
  • 管理会社が不要のため、管理コストがかからない。

不動産投資物件のオーナーになっても、今の生活スタイルを変えたり、管理の煩わしさを感じたりすることがなく、収益が出る。

(3)負債を残さない暮らし方

  • インカム住宅でオーナーのマイホームとして所有する方法もある。
  • 2棟の内、A棟は自分で住んで、B棟は賃貸するなど。
  • B棟の家賃収入でA棟の住宅ローンを支払うことにより、収支を相殺すると、タダで新築一戸建てに住んでいることになる。
  • 一般的にマイホーム購入をした場合は、負債を負うものだが、インカム住宅にすることで負債を負わずして資産を残すことができる。

(4)老後の資金について

  • 初期投資を抑えて、短期間でローン返済をすることにより、返済後の収益を老後資金として用意することが可能。
  • 収益が出たら、さらに投資をして戸建賃貸物件を追加で建てるということもできる。
  • 老後は家賃収入だけで生活をするということも◎。

※「戸建て賃貸経営」に最適な住宅ブランド