FFC(免疫住宅工法)


main_img01

健康家族の家づくり

成田エコハウスでは、室内の有害化学物質を分解、低減することで“さびにくい家と体”で健康維持を目的とした工法を取り入れとおります。

ぜんそく / シックハウス 揮発性化学物質 VOC 花粉 / ウイルス・細菌 アトピー / タバコの煙 臭い / ハウスダスト カビ胞子 など、 家に関する目に見えない様々な 問題を改善いたします。

photo01

『FFC(免疫住宅)』をご説明します

「健康免疫の家(FFC)」 とは

細胞組織を堅牢にすることで、樹木自身がつくりだす腐敗菌などを抑える薬効・除菌・脱臭・除湿効果、マイナスイオンの発生による森林浴効果などが高まります。また、遠赤外線放射効果が上がり新陳代謝を活発にし、免疫力を強める健康バリアをつくりだします。

私たちが目指すのは、 プラスマイナスゼロの家

現在の住宅事情は、シックハウスやアレルギーに悩まされる、 家づくりにとってマイナスな問題が山積みです。 そんな、家づくりにとってマイナスな問題を解決するためにはどうしたらいいのか? 現代における健康住宅とはどんな家づくりなのかを追求し続けてきました。 元来、日本の家づくりは自然素材で造られており、化学物質やアレルギーのない、 いわば汚染されていない家、「自然=0(ゼロ)」の家があたりまえ。 しかし現在の住宅は、利便性、快適性を重視するあまり目に見えない マイナスな問題に悩まされています。それがシックハウス症候群や、 花粉症・アトピー性皮膚炎・ぜんそくなどを引き起こす原因のひとつとも 言われています。 そこで私たちがたどりついた答えが、免疫住宅です。 昔の家づくりのように、化学物質やアレルギーに汚染されていない 「0(ゼロ)」の家に戻すこと。それが私たちの考えるプラスマイナスゼロの 家づくりであり、それを可能にしたのが免疫住宅です。

FFCテクノロジーの活用

FFCテクノロジーとは、木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを最新技術により含浸させる技術です。 現代の木材は酸性雨や大気汚染の影響を受け、木材そのものの機能が落ち健康な素材とは言い切れなくなっています。また建材・クロスを始め漆喰(シックイ)・珪藻土(ケイソウド)等も化学薬品を使用して商品化されています。そのような化学物質等に、FFCテクノロジーを活用し、2種類の鉄ミネラルを含浸させることで、化学物質の害を最小限に抑える事が出来るようになりました。 この最先端技術であるFFCテクノロジーは、ハーバード大学や国内の大学等によって研究がなされ、その効果が証明されております。

photo02

スクリーンショット 2015-04-28 8.16.58

カビ感染菌等の増殖を抑制

木材・合板・クロス・布・ガラス・金属・珪藻土・漆喰・皮・紙等の建材に最先端技術のFFCを活用することで、健康安全住宅をつくるために、カビ感染菌等の増殖を抑制し、室内に住む善玉常在菌の働きを活性化させ、良質な室内空気を実現する免疫バリアの健康な住環境をつくりだします。

 

ヒトの皮膚細胞を活性化

活性結合水が良質な空気環境バリアをつくりだす

人間はこの世に誕生するまで10ヶ月間、母親の羊水の中で育ちます。すべての生命にとって太古の海は、母親の羊水と同じような役割をしていました。 そんな自然界のいとなみを手本に、最先端技術によって開発された生命の分子構造を活性化させる水溶性二量体鉄塩(FFCテクノロジー)を活用します。

良質な空気は樹木など本来の生理機能へ蘇生することで生まれる

細胞組織を堅牢にすることで、樹木自身がつくりだす腐敗菌などを抑える薬効・除菌・脱臭・除湿効果、マイナスイオンの発生による森林効果などが高まります。また、遠赤外線放射効果が上がり新陳代謝を活発にし、免疫力を強める健康バリアをつくりだします。

抗菌加工した建材もFFCの活用で良質空気環境へ

木材・合板・クロス・布・ガラス・金属・珪藻土・漆喰・皮・紙等の建材に最先端技術のFFCを活用することで、健康安全住宅に欠かせない安定した結合水の環境をつくりだし、悪玉菌等の増殖を抑制し、善玉常在菌の働きを活性化します。良質な空気に改善する免疫バリアの健康な住環境をつくりだします。

くわしくはコチラ